毎日ニュースちゃんねる

Just another WordPress site

花咲徳栄野球部が強い理由はなぜ?ハンマートレーニングと練習方法

      2017/09/01


第99回甲子園で夏の埼玉県勢初優勝となった花咲徳栄高校。


中京大中京、秀岳館、聖光学院、仙台育英天理、など圧倒的な強豪高校を打ち破ってきた広陵高校に14-4で勝利しました。正直高校のネームバリューとしては決して高くないし、花咲徳栄高校がそれほど強いと思っていた方も少ないと思います。


では、なぜ花咲徳治野球部はこれほど強いんでしょうか?


実はその裏には花咲徳栄高校が新しく取り入れたハンマートレーニングという練習方法にありました。あんまり聞いた事がない練習方法ですよね。

そこで花咲徳栄の野球部が甲子園で優勝するまで強くなった要因である、ハンマートレーニングなどの練習方法についてお話をしていこうと思います。


スポンサードリンク




ハンマートレーニングの効果と練習方法


では、花咲徳栄高校が取り入れた練習方法である、ハンマートレーニングって一体どんな練習なんでしょうか?

これは名前から想像出来る通りハンマーを使ったトレーニングで、なんと10キロくらいのハンマーを使ってタイヤを繰り返し叩くだけという、野球には到底結びつきそうもない練習です。


野球部じゃなくて大工でも目指すんじゃないかと(笑)


ですが、このハンマートレーニングを昨年から取り入れた花咲徳栄高校は、それ以来ホームランを量産できるようになったといいます。

それだけではなく甲子園ですら圧倒的な実力を見せつけたわけですから、その効果は目覚ましいものがあると分かるはずです。全試合で9点以上取っている打力はダテではありません。

ハンマーを振り下ろす動作により、広背筋や腕の筋肉、握力などが劇的に向上します。


ハンマートレーニングのやり方


先程も少し触れましたが、ハンマートレーニングは基本ハンマーでタイヤを叩くだけです。

この動画の1:20秒あたりからを見てもらうのが分かりやすいですね。




別に動画の外人さんみたいなぶっといタイヤを使う必要はありません(笑)

それに花咲徳栄高校は10~15キロのハンマーを使っていますが、慣れていないうちはもっと軽いハンマーを使っても問題ありません。


そして花咲徳栄高校の場合は50回ハンマーでタイヤを叩いて1セット、これを10セット行うそうです。花咲徳栄の野球部員いわく「腕も下半身も、全身がパンパンになった」とのことです。

ちなみにハンマートレーニングのコツですが、ひたすら右手とか連続で左手とかを繰り返すのではなく、必ず交互に実施すると良いです。どちらかに偏ると筋肉のつき方も偏ってしまいますからね。


練習風景はこんな感じらしいです。



スポンサードリンク




花咲徳栄野球部の練習方法と方針


花咲徳栄高校は2度の甲子園での敗北をきっかけに、打撃力を徹底して鍛える練習をしてきました。

だからこそ先程紹介したハンマートレーニングなど打力を鍛える部分を徹底してきましたし、甲子園の試合前の練習時間でも、1時間45分をすべてバッティング練習だけに宛てたと言います。


また、その他の練習方法ですとチューブトレーニングというのも実施しています。

こちらも花咲徳栄高校が練習している動画があるので参考にしてみてください。



ちなみにこの練習方法はコントロールの悪い投手が行うと抜群の効果を発揮するそうです。

チューブトレーニングはフォームの矯正や確認にも繋がります。甲子園で活躍した花咲徳栄高校の清水投手なども、このトレーニングでフォームを整えていたんでしょうね。


まとめ


2017年の花咲徳栄野球部はなぜこれほどに強いのか?

それは

・ハンマートレーニング
・チューブトレーニング


といった他の高校ではあまり取り入れていないような練習方法を実施してきたからです。


特に2017年の甲子園は本塁打が量産されましたが、あれは高校生全体の筋力が上がっているということだと思いますし、やはり今後の高校野球ではハンマートレーニングのような筋力を鍛える練習が増えていくのではないかと思います。

来年ちょうど第100回を迎える甲子園、ぜひその場に再び花咲徳栄高校に出場してもらって、今年以上の圧倒的な打力と強さを見せつけてほしいですね!

スポンサードリンク

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly

 - 未分類