毎日ニュースちゃんねる

Just another WordPress site

*

京田陽太の50m走タイムは?登場曲や新人王の可能性も【中日】

      2017/08/08

2017年、早々に再開に沈んだ中日。


ビシエドとゲレーロの両外国人が徐々に当たりだしてやっと反撃か、という所ではありますが、開幕から密かに中日ファンがポジり続けてきた選手がいます。

彼こそが京田陽太


2016年のドラフトで中日に入団したのですが、中日の選手層の薄さもあってか開幕からポチポチとスタメン出場し、ルーキーとしてはかなり良い感じの活躍を見せてくれています。

特に「京田さん50メートル走のタイムいくつよ?」と聞きたくなるくらい足が早く、そこに引っ張られる形で打率や守備も良い感じになってきています。


一部では「2017年は京田陽太が新人王ではないか?」という声も。

そこで今回は今何かと注目されている、中日の京田陽太選手の50m走のタイムや、登場曲や新人王の可能性などについてお話していきます。


スポンサードリンク




京田陽太選手の基本情報とプロフィール


まず簡単に京田陽太選手のプロフィールをみてみましょう。


誕生日:1994年4月20日(17年時点で23歳)
身長:184cm
体重:74kg
出身中学:寺井中学校(石川県)
出身高校:青森山田高校
出身大学:日本大学
2016年ドラフト:中日2位
年俸:1200万円


ちなみに青森山田高校と言えば、あのテニスの錦織圭選手を始め、数多くの有名スポーツ選手を輩出しているスポーツの名門高校です。

そんな環境で京田陽太選手は1年目からレギュラーを獲得し、ドラフト候補にも挙がっていました。(もっとも、甲子園出場等はないので、スカウトからもそれほど目立つ存在ではなかったと思いますが)


また、学校は違えど青森県でシノギを削りあったのが阪神の北條選手です。

北條選手も2017年はスタメン抜擢されていたりしますし、京田選手とはちょっとしたライバルみたいなものですね。



京田陽太選手の50M走のタイムは?


京田陽太選手が走攻守に渡って良い感じで活躍できている背景には、やはり京田選手の圧倒的な走力があります。

動画とか見てもらった方が早いですかね。

https://www.youtube.com/watch?v=44DUYa6jA5c

※1:00秒くらいから京田陽太選手の打席です。


この当たりをセーフにできる走力が京田陽太選手の最大の魅力だと言えます。


正直、打率はそこそこ上がってきているとはいえ、決してすごく良いバッティングができているわけではないです。

特に内野ゴロとか多いですし。


ただ、内野ゴロとかでも場合によっては走力でセーフに出来てしまうのが京田陽太選手の強みです。(あと、なぜか京田選手の時ちょこちょこ相手側にミスが出る気がします)


さて、そんな京田陽太選手の50メートル走のタイムは5.9秒。

…と言われてもピンと来ないと思うので、足が早い早いと言われるイチローの全盛期が50メートル走のタイム5.7~5.9秒くらいだそうです。


そう考えると、イチロー選手よりもちょっと遅いor同じくらいという感じですね。

イチロー選手もよく「これはアウトだろうw」みたいな打球を走力でヒットにしていましたから、京田陽太選手も同じように走力でヒットの割合を増やしていけるでしょう。



京田陽太選手の打席登場曲


Austin MahoneのDirty Workという曲です。

このPV動画の2:00~2:10秒くらいのところを再生してみると、「京田くんの登場曲だ!」と分かると思います。

https://www.youtube.com/watch?v=CX-un4obyU0&feature=youtu.be


ちなみに今後も続くか分かりませんが、京田陽太選手の登場曲が流れた際に「35億!」というコールをファンが入れたりしています。

実況の人も「35億稼ぐ選手になってほしいですねー」とか言っていました(笑)


スポンサードリンク




京田陽太選手の新人王の可能性


2chなどでは早くも2017年の新人王について話題になっていたりします。

その中で候補の一人として挙がっているのがこの京田陽太選手。


たしかに1年目のルーキーとしてはチームの軸としてしっかりと機能していますし、四球を選ぶのが苦手なことや、守備でちょこちょこやらかすところを改善すれば、1年目としては十分すぎる活躍をしてくれるでしょう。

なので京田陽太選手が新人王を獲得する可能性は十分にあると言えます。


高齢化で悩み続けた中日が新人王を獲得できれば、少し空気が変わった感じもするでしょうし、中日というチームにとってもプラスになるでしょうね。


ただ、50m走5.9秒と走力が自慢なので、走塁の場面で結構厳しい戦いを強いられることも多いです。

結果的にヘッドスライディングも多用しがちなので、そこで怪我をしないかだけが不安ですね。怪我をすれば新人王どころかスタメン出場すらできないわけですし。



まとめ


今回は中日の京田陽太選手についてまとめました。


正直4月の中日負け続けて見て

機動力野球?いくら足が早くても長打でなきゃ点取れないでしょ

と思っていましたが、京田選手を見ているとやっぱり機動力も重要だなと。


本来ならアウトになるはずの当たりをヒットにしたり、守備の脆さをスピードで補ったり、あと盗塁は走力の割に少ない気がするのでもう少し頑張っていただいて(笑)

そうすれば中日の若い選手のスターになれるのはもちろん、2017年の新人王の可能性だって十分にあると思います。


個人的にこれまでの中日戦を見ていても、京田陽太選手はなんとなく「持ってる」人だと思うので、(絶妙なタイミングで相手のエラーを起こしたりするところとか)ぜひ今後も中日を引っ張ってくれることを期待しましょう!

スポンサードリンク

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly

 - 未分類