毎日ニュースちゃんねる

Just another WordPress site

妊娠して女の子が欲しい場合・男の子が欲しい場合の産み分け方法

   



妊娠が分かった時ってとっても嬉しいですよね♪

元気で産まれてきてくれればそれだけでいいのですが、ただやっぱり気持ちとして「女の子がいい」「男の子がいい」という願望はありますよね!私も妊娠が分かったとき、性別の話をするたびに「女の子がいいな」と思っていました。

さて、妊娠して女の子が欲しい場合や男の子が欲しい場合の産み分け方法はあるのでしょうか?調べてみました!


スポンサードリンク




妊娠して女の子が欲しい場合の産み分け方法


私は妊娠してから性別がわかるまで「女の子がいいなぁ」という願望がありました。

もちろん、男の子でも女の子でも五体満足で元気に産まれてきてくれれば良いのですが、希望を持つのはまた別です。


私は母親と仲が良いので、大きくなっても友達のように仲良く過ごしたいと思い、少なからず願望がありました。男の子はそうはいきませんからね(笑)

幸い、授かった子供は女の子でした。


しかし、女の子が欲しい場合の産み分け方法はあるのでしょうか?

専門的な話ですが、そもそも赤ちゃんの性別は卵子に受精した精子の種類によって決まります。精子は簡単にいうと、Y染色体かX染色体の細胞をもっており、卵子はx染色体のみを持っています。


x染色体の精子が卵子と結合すると女の子が産まれ、y染色体の精子が卵子と結合すると男の子が産まれます。精子の状態によって性別が決まるのです。

女の子が欲しい場合は、精子がx染色体でなければなりません。x染色体の特徴は以下です。


酸性に強くアルカリ性に弱い
寿命が2~3日と長い
y染色体よりも数が少ない
動きが遅い



そして、これを踏まえると女の子が欲しい場合の産み分け方法は以下になります。


排卵日の2日前に性交渉する
排卵日が近くなると膣内がアルカリ性になるため、酸性に強いx染色体をたくさん残すためには排卵日の少し手前がいいです。

性交渉は早めに終わらせる
性交渉が長いと膣内がアルカリ性に傾くため、早めに終わらせましょう。

まぁこういったことは本当に運ですね。効き目があるかはわかりませんが、女の子が欲しい方向けに酸性に傾ける産み分けのゼリーがあります。使ってみたいという方は、産婦人科などで相談してみましょう。


スポンサードリンク




妊娠して男の子が欲しい場合の産み分け方法


では、続いて男の子が欲しい場合の産み分け方法はあるのでしょうか?

男の子が欲しい場合は、精子がy染色体でなければなりません。y染色体の特徴は以下です。


アルカリ性に強く酸性に弱い
寿命が1日だけ
y染色体よりも数が少ない
動きが遅い



そして、これを踏まえると男の子が欲しい場合の産み分け方法は以下になります。


排卵日の直前に性交渉する
もともと膣内は酸性です。アルカリ性に傾く排卵日の直前、当日に行うのがいいです。

性交渉は長めにする
性交渉が長いとアルカリ性に傾くため、長めの方がいいです。

これもまた運なんですが…。男の子が欲しい傾けにアルカリ性に傾ける産み分けのゼリーがあります。こちらも産婦人科に相談してみてくださいね。


さて、性別が分かるというジンクスがあります。たとえば妊娠中、ジャンクフードが食べたくなったという人は男の子といいますよね。私も妊娠中、マクドナルドが食べたくてたまりませんでした(笑)でもそんな私の子供は女の子でした!

他にも妊娠中に顔が優しくなったら女の子、と言いますが、確かに友達から顔が優しくなったとよく言われました。

ジンクスは当たっているのか外れているのか…。微妙なところですがやっぱりジンクスはジンクスですね!



まとめ


子供を授かるということはとても嬉しいことですよね。元気に生まれてきてくれればそれで十分ですが、やはり性別の希望は誰にでもあると思います。

もし性別の希望があるのであれば、排卵日を調べたりすることと同時に、旦那さんと性交渉のあり方を話してみるといいですよ♪

スポンサードリンク

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly

 - 未分類