毎日ニュースちゃんねる

Just another WordPress site

妊娠中はなぜ走ってはいけない?マラソンやジョギングもNG行動?

   



妊娠中はマラソンやジョギングなどの走る運動を含めて、運動はNG行動だとされています。しかし、妊娠前からマラソンやジョギングを日課とされていた方や、趣味とされていた方からすると、妊娠中にできなくなるとストレスがたまってしまいますよね。

そもそも、なぜ妊娠中には走ってはいけないのでしょうか?

今回は妊娠中にマラソンやジョギング等、なぜ走ってはいけないのかをお話します。


スポンサードリンク




妊娠中はなぜ走ってはいけない?


私は専門学校に通っている時に妊娠がわかったのですが、学校の行事に球技大会や陸上大会なるものがありました(笑)妊娠が分かってからそういった行事の参加を止められていたので、参加できませんでした。

元々、身体を動かすことが好きだったこともあり、楽しむ友達を見ていると自分もその輪に入りたくてたまりませんでした。こういったことは私の中で意外とストレスになっていました.


「妊娠中は走ってはいけない」とネットや本によく書いてありますよね。でも、走ることが趣味だった方は走ってはいけないことがストレスになります。

そもそもなぜ妊娠中は走ってはいけないのでしょうか?

まず走ることで転倒の恐れがあるからです。

特に妊娠初期は、胎盤が完成していないため胎児の保護が不十分です。最悪の場合、流産する可能性もあります。

また、貧血になることがあります。走ることで酸素不足になり、貧血を引き起こす場合があります。酸素不足で貧血になると、転倒してしまう可能性があるので、走ってはいけません。

しかし、妊娠中に思わず走ってしまったからといって、すぐに胎児になにか影響があるというわけではないので安心してください。基本的には走らない方が良いですが、神経質に走ってはダメなんだと思わず、必要であれば少し走っても問題ありません。

走ってはいけないのはもちろんですが、階段や道中で転倒してしまった時になにか身体に異変があればすぐ医師へ相談してください。


スポンサードリンク




妊娠中のマラソンやジョギングはNG行動



マラソンやジョギングなどの運動はNG行動だと言われますが、妊娠中は運動しなきゃいけないって聞きますよね。でもどんな運動がいいのでしょうか?

マタニティスイミングやマタニティヨガなど、妊娠中でもできる運動はあります。こういったものは病院が週に1回開催するものであったりするので、決められた日に行かなくちゃいけないし、お金がかかったりしますよね。

私は知らない人と運動することに対して抵抗があるので、妊娠中にマタニティスイミングやヨガなどに行ったことがありません。それよりも夕食の買い物をするのにスーパーまで1人で歩く方がストレス発散になり、とても気持ちよかったです♪

妊娠中のマラソンやジョギングは転倒や酸素不足などの危険がありNG行動ですが、ウォーキングは転倒や酸素不足の危険が低いのでオススメです☆

私のように近所のスーパーまでウォーキングするだけでもストレスが軽減されたりと、とてもいい運動になります。もちろん、早く歩き過ぎると転倒する危険が高まるのでNG行動となります。

ウォーキング中、疲れたりした時は休んでください。また、お腹の張りが出てきた際にも控えて、休んでくださいね。


まとめ


妊娠中の運動に気が進まない人も多いと思います。しかし、意外とやってみるとリフレッシュできますよ♪

私もウォーキングなんて妊娠するまで全く興味なかったですが、今ではスーパーまでの道のりを歩くことがとても楽しみです☆

マラソンやジョギングなどの激しい運動はNG行動ですが、ウォーキングであれば気分転換になるので、ぜひやってみてくださいね♪


スポンサードリンク

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly

 - 未分類