毎日ニュースちゃんねる

Just another WordPress site

*

龍が如く7は出るのか続編予想!次回作の主人公も桐生ちゃん?

      2017/03/12


冬休みを使って龍が如く6、クリアしました。

広瀬組のメンバーが割といいキャラしてたり、サブイベントやミニゲームが面白かったり(小野ミチオくんのサブストーリーは最高でした)楽しめた龍が如く6。


ですが、終わり方に関しては「ん?」と思ってしまいました。


龍が如く6は桐生一馬の最終章と言われていましたが、これ最終章じゃちょっと納得できないというか、すごく消化不良感の残る終わり方でした。

なので最終章と言いつつ、実は龍が如く7とか続編や次回作が出るんじゃないかと期待しています。その場合桐生さんが主人公になるのかは分かりませんが…


ひとまず龍が如く6のラストから、龍が如く7が出るか検証してみます。


スポンサードリンク




龍が如く6は本当に最終章だったのか?


龍が如く6は「桐生一馬伝説最終章」という触れ込みで発売されたわけで、多くのプレイヤーはハッピーエンドとまではいかなくても、何らかの決着を望んでいたわけです。

しかし、龍が如く6は単体で見れば良い作品であったものの、これまでの龍が如くの総まとめの作品として考えると少し不満が残る完成度となっています。


ラストがあまりにもモヤモヤする


多少ネタバレになってしまうのですが、今回龍が如く6では最終的に、桐生さんは遥と別れることになります。

というより「桐生一馬は死んだ」とされて生きていくことになるので、過去の人間関係の一切を断絶して生きていなければいけないということになっています。


(唯一生きていることを知っている伊達さんとは会えるくらいでしょうか)


なので遥ちゃんは桐生さんが死んだと思っているし、桐生さんも遥ちゃんと会うこともできません。

つまり完全なる別離を迎えてしまったわけで、「桐生さんがこれまで頑張ってきたのは何だったの?」という終わり方になってしまっています。

特にこれまで龍が如くシリーズを毎回プレイしていて、桐生さんや遥に思い入れのある方ほど納得のいかないラストです。これが最終章?という疑問を持つのは無理もありません。


過去に龍が如くに登場したキャラの出番が少ない


それから不満に思ってしまうのがここです。

真島の兄さん、冴島さん、堂島大吾さん等々、これまで桐生ちゃんと一緒に龍が如くシリーズを彩ってきたメンバーが登場しません。


いや、登場しないと言うと語弊があるのですが、最初と最後にちょびっと登場するくらいで、物語に一切関わってこないままエンディングを迎えてしまいます。

まあポケサーファイターが出てきたり、ムナンチョヘペトナス教のムナンチョ鈴木が出てきたり、そういう意味では過去作のキャラも登場しているのですが、最終章にメイン張ってきたキャラがほぼ出ないのも…と思ってしまうわけです。


これが続編とか次回作前提なら全然OKなんですけどね。



もともと龍が如く7以降も出すつもりだったのではないか?


私が龍が如く6をプレイし終わって感じたのは、龍が如く6は最終章と言われているものの、販売前から龍が如く7も計画されていたのではないかということです。

龍が如く6をプレイした方ならわかると思いますが、ラスト以前に今回はシナリオ的に消化不良感が否めない内容になっています。


例えば「尾道の秘密」の後処理。

どう考えても隠しきれる問題では無いと思いますし、本来ならそれをどう処理するかというところまで見せても良かったと思うのですが、ゲーム内ではそれは一切語られず。

また、終盤で「大徳寺稔」という政治家の名前が出てきましたが、彼についてもいつの間にか出てきていつの間にか消えていたという印象で、あまりキャラを活かせていたとは言えません。


そして極めつけが最終章としては短い13章くらいまでのシナリオと、最後のぶんなげエンド。


これを考えると、

本当は龍が如く6はもっと先があったけど、開発期間が足りないから6は1つの物語として区切りをつけて、7でその先をやるのではないか?

と思ってしまいました。


実際、今回は闘技場など既存の要素が廃止されていたり、ミニゲームのやりこみが少なかったり、サブイベントの数が少なかったりと全体的にボリューム不足な印象を受けます。

これだけでも開発期間が十分だったとは言いづらいですよね。


だから龍が如く7,もしくはそれ以降の作品で桐生さんが再び主人公として登場し、尾道の秘密からつながる政治家達のストーリーになっていく可能性は十分にあると思います。

つまり桐生一馬最終章(上)(下)みたいなイメージです(笑)


スポンサードリンク




龍が如く6の続編・次回作はあるのか?


まず桐生さん主人公の物語が終了だとしても、龍が如くシリーズは今後も続いていくと思いますし、龍が如く7とかも発売されると思います。

こう言ってはアレですが、これだけコンスタントに売上を出せるゲームシリーズも少なくなってきましたから、それをわざわざ捨てていく必要は一切ないですから。



ただ、龍が如く7が出るなら桐生さん主人公ではないかなと思います。

やはり龍が如く6で桐生一馬の最終章と銘打った手前、次回作でいきなり続編を出すわけにも行かないでしょうし、次回作は桐生さん以外の主人公の物語になると思います。



で、龍が如く7だか8だかわかりませんが、主人公がピンチを迎えたところで隠居していた桐生さんを引っ張り出し、そこから桐生一馬の本当の最終章が始まるみたいな展開かなと。

桐生さんが隠居した理由が(とある秘密をバラさない)というものなので、それを破って世の中に出てきてしまうのは少し問題がある気がしますが、さすがにそこだけはどうしようもないですからね…


龍が如く7の発売日はいつごろになる?


これまでの龍が如くの正式ナンバリングの発売日を見てみると、

龍が如く2の発売日:2006年12月7日
龍が如く3の発売日:2009年2月26日
龍が如く4の発売日:2010年3月18日
龍が如く5の発売日:2012年12月6日
龍が如く6の発売日:2016年12月8日

となっており、だいたい2~3年に1本となっています。


もっとも、リメイクや番外編なども合わせると1年に1本くらいのペースで出ているので、龍が如くの最新作は2017年も出るでしょう。

で、龍が如く7が発売されるとしたら2~3年後ですから、2018年もしくは2019年あたりになるのかなと。龍が如く6の続編が出ない、なんてことは考えづらいですしね。


まとめ


龍が如く6はプレイヤーからも「桐生一馬の最終章」としては物足りないという声も上がっていますし、そもそも出せば売れる安定シリーズを最後にしてしまう理由がありません。

と考えると次回作となる龍が如く7も間違いなく発売されるでしょうし、いずれ桐生さんが主人公となる続編も出てくるんじゃないかと思いますね。


何より、今のまま終わったら桐生さんが浮かばれない…(死んでない 笑)

とりあえず、龍が如く7が発売されるのを心待ちにしておこうと思います!

スポンサードリンク

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly

 - 未分類