毎日ニュースちゃんねる

Just another WordPress site

*

キッチンに赤ちゃんや子供が入ってきて危ない!ガードで安全対策

   



子供がハイハイしたり歩いたりできるようになる姿を見ると、成長がほほえましいですよね。でもその一方で、いろんな所へいってしまうので危険もあります。

特にキッチンは、火や刃物を使うので危ないです。沸かしていた熱湯をこぼしてしまった時に赤ちゃんがいたら…と思うと怖いですよね。

こういった時はキッチンに入れないように、ガードで安全対策をしましょう!

キッチンに赤ちゃんや子供が入ってきて危ないとお悩みの方に、ガードでの安全対策についてお話します♪


スポンサードリンク




キッチンに赤ちゃんや子供が入ってきて危ない!


赤ちゃんや子供にとってのキッチンは、とても気になる場所です。ママがずっとその場にいることで「なにをしているんだろう?」とさらに興味を引きます。しかし、キッチンには危険がいっぱい!

先輩ママの中にも「子供が洗剤を持ち出していた」「冷蔵庫を開けていて手を挟んだ」「刃物を持っているときにそばにきていたことに気付かなくてヒヤリとした」など、危ない!と感じたことがある人がたくさんいるようです…。

子供がある程度大きくなってくると、さらにいろんな物へ興味がわきます。洗剤を開けてしまったり、火を勝手に付けてしまったり、刃物を取りだしてしまったりしてしまう可能性があります。


スポンサードリンク




キッチンのガード安全対策



では、そんな危ないキッチンですが最初はガードでの安全対策を思いつきますよね。では、どんなガードがいいのでしょうか?

キッチンのガードには大きく分けると2種類あります。「扉をあけるタイプ」「またぐタイプ」です。

まず「扉をあけるタイプ」には、開けて締めると自動でロックがかかるタイプ自分でロックをかけるタイプもあります。もちろん、子供が自分で開けれるようなものはNGです。まぁそんなもの売ってないとは思いますが(笑)

そして、何といっても「扉をあけるタイプ」のメリットは高さです。高さがあるので、子供が自分で開けない限りは安全対策としては100点ですね。

デメリットですが、こちらのタイプには壁と壁の間に突っ張り棒のような形で設置します。なので壁に跡が残る可能性が…。お家が賃貸だと少し気になりますよね。

続いて「またぐタイプ」ですが、こちらのメリットは、大きさがいろいろあるところですよね。なので設置する場所によって大きさを選ぶことができます。さらに「またぐタイプ」はガードを置く形になるので、壁に跡が残りません。

デメリットですが、またげる高さになるのでもちろん低いです。そしてなにより、またぐのでめんどくさいです。急いでいる時などに、足が引っ掛かってしまうとママも大変ですよね。

キッチンの安全対策として、ガードはとても便利です。しかしどちらもメリットとデメリットが。ご自分のお家のキッチンの入り口やご自宅の状況によって選んでくださいね。


まとめ


知らないうちに子供になにかあると、と考えると不安でたまりませんよね。キッチンの他にも階段や玄関など、いろんな場所に安全対策が必要となってきます。

自分だけで考えずに、家事をしている時は子供を旦那さんに見てもらうなど家族にも協力してもらって子育てをしてくださいね!

スポンサードリンク

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly

 - 未分類