毎日ニュースちゃんねる

Just another WordPress site

*

妊娠中に腰が痛くて立てない・腰が痛くて眠れない原因と対策

   



妊娠中につわりなどに悩まされる妊婦さんは多いですが、多くの妊婦さんが悩むのが腰痛です。

妊娠中に腰が痛くて立てない、腰が痛くて眠れない、といった腰痛トラブルは大半の妊婦さんが経験します。

しかし、妊娠中に腰が痛くなるのはなぜなのでしょうか?今回は原因と対策を調べてみました!


スポンサードリンク




妊娠中に腰が痛くて立てない原因と対策


そもそもなぜ妊娠中は腰が痛くなるのでしょうか?

それは、出産に向けてお産がスムーズに行えるようにホルモンが変化したことや、大きくなったお腹を支えるために姿勢が悪くなることが大きな原因です。

ホルモンの変化なんて自分ではどうにもできないことですから、これは仕方のないことです。しかし、お腹を支えるために姿勢が悪くなることは、自分でも少しは改善できます。


ちなみに腰が痛くて立てないという妊婦さんもいますよね。そんな方はもしかすると「坐骨神経痛」が原因かもしれません。

「坐骨神経痛」とは、お尻から太ももの裏側、ふくらはぎまで足全体に現れる痺れや麻痺、痛みのことです。妊娠中の腰痛から始まり、足にも痛みがきます。これが症状の原因の一種である可能性もあります。


腰が痛くて立てないという妊婦さんが、ひどくなると痛すぎて歩けなくなることも。逆に昨日は腰が痛くて立てないという妊婦さんが数日後には何ともないなんてこともあります。

これは個人差です。私も腰痛に悩まされましたが、立てないほどではなかったです。


では、腰が痛くて立てないというようなことにならないためにはどういった対策をするのがいいのでしょうか?


まずは姿勢を正すことです。どうしてもお腹が出てくると背中をそった状態になってしまいます。できるだけ背筋を伸ばしてそらさないように気をつけましょう。

さらに、定期的にストレッチすることもオススメの対策です。しかし、ストレッチをしていて途中で体調が悪くなったり、お腹が張る場合はやめておきましょう。

意識することは難しいですが、腰が痛くて立てないなんてことになる前に対策をしておくことが大切ですよ♪


スポンサードリンク




妊娠中に腰が痛くて眠れない原因と対策


私は妊娠中、腰が痛くて眠れなかったです。さらに後期つわりで胸やけがし、気持ち悪さも混ざって眠れませんでした。眠れなくて朝の5時まで起きていたときもありました。

腰が痛くて眠れないという原因もホルモン変化や姿勢の悪さからくるものです。しかし私の場合もう1つ原因がありました。


私の妊娠が分かったのが秋で、冬は寒いからとホットカーペットを買ったんです。そしたらそのままカーペットの上で寝てしまって、左の腰を痛めてしまいました。「今だけ、時間がたてば治るやろ~」と思っていました。

でもお腹が大きくなってきたら、座っても横になっても痛めた所だけが痛くて、立つ時も寝がえりを打つ時も痛みと戦いました…。きっと痛めたことが原因だろうな~と思っていますがどうしようもありませんでした。


腰が痛くて眠れない時の対策ですが、よくネットでは「シムス体勢がいい」と書いてあります。

「シムス体勢」というものは、クッションや抱き枕を使った寝方のことです。身体の左側を下にし、横向きに寝ます。左足は伸ばしたまま、右足を足の付け根から曲げ、膝も曲げた状態でクッションや抱き枕の上に置きます。お腹に負担がかからない程度にうつ伏せに気味になります。

こちらが「シムス体勢」です。もちろんこれで楽な方はこれでいいと思います。でも私はこの体勢がつらかったです。


なので、私が腰が痛くて眠れない時にしていたのはクッションや枕を積んでちょっと背もたれを倒したイスみたいな感じで、リクライニングをつけて眠りやすい体勢を作りました。これは結構よかったです♪

もし「シムス体勢」が苦手な方はぜひやってみてくださいね☆


まとめ


妊娠中は本当にいろんなことで悩みます。身体の変化や精神面でも弱気になったり…。

不安なことは家族に相談したり、身体の変化はお医者さんや助産師さんに気軽に聞いてくださいね♪

スポンサードリンク

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly

 - 未分類